●とうじそば(投汁そば)とは

奈川に古くから伝わる郷土料理です。そばをつゆに浸ける事を「湯じ」といい、これが「とうじ」の語源と言われていますが、奈川では投げる汁と書いて「投汁(とうじ)」と読み、ひたし・あたためるという意味もあります。 鉄鍋のつゆに山菜やきのこ、季節の青菜、鶏肉等を入れ、火にかけて温めます。小割にしたそばを竹で編んだ投汁カゴに取り、ほど良く温めた鉄鍋のつゆにつけ、軽くゆがき、つゆや具と共にお椀に移しいただきます。つゆの旨みと温められたお蕎麦の香りが食欲をそそります。

●とうじそばの歴史

奈川は標高が高く寒暖の差もあり、また平地が少なかったことなどから稲作には不向きとされ、そばが主たる穀物として栽培されていました。手打ちのそばを寒い時期にもおいしく食べようと考えられて生まれた食べ方が「とうじそば」です。戦後開田事業が始まるまでそばが主穀物だった奈川では、冠婚葬祭等のごちそうとして「とうじそば」が振る舞われ、山菜やきのこの他に山鳥の汁や野ウサギのだんご汁等も用いられていたそうです。

●とうじそばが食べられるお店

ちゅうじ食堂、福伝、仙洛、そばの里奈川、峠路(冬季休業)

※奈川地区内では、季節によって松茸や、鴨肉を使ったとうじそばが食べれるお店もあります。

とうじそば取扱店舗一覧

●奈川名物「とうじそば」の食べ方

とうじの食べ方(PDF)